スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ベストタイム
今日は私の人間ドッグで15時過ぎに帰ってこれたので
Sayと自主練してきました。
腰の方は痛みも殆どなくなり
あの痛みはなんだったんだ?と思うぐらいすこぶる快調!
ということでノックにバッティングピッチャーに私も汗を流しました。
今日の自主練内容は
 ゴロノック 150本位
 バッティング 100球強
 ダッシュ  約50m往復(約100m)×11本
 ランニング 約1km(のぞみ公園から家まで)
です。

最初のキャッチボールの際、ボールをポケットで捕ると痛いのを理由に
ウエブに近いところで捕っていたので叱りつけましたが
そのあとは楽しく? 行ったつもりです(^^;)

その中で今日の収穫はダッシュ。
公園の端から外灯までの往復をのタイムを毎回計っているのですが、
今日はベストタイムが出ました。
今までのベストタイムは5月に出した19秒38ですが、
殆どは20秒を切ることができずにいました。
しかし、今日は11本走って20秒代は2本だけで
なんと、18秒82、18秒78と18秒台を連発。
少しは脚力がついてきたかな?
最後にはさすがにSayの足がワナワナいってました(^^)

けど、面白くないのが新記録を出したのは7、8本目。
昨日も帰りが早かったので別の公園でダッシュを行ったのですが、
ベストタイムを出したのは10本目。
普通に考えて、ベストタイムは1、2本目だろう。
最初から真面目にやっていない証拠ですね。
野球選手は脚力がとても大事ですからこれからも鍛えていきますよ(^^)

最後にオマケですが、本日は小生の誕生日で41歳となりました。
最近、体がなかなかいうことを効かなくなってきていますが
自分に鞭を入れながら頑張っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/24 23:00】 | 我が家の練習 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
年か。。。
朝、ベッドから時間通り起きて、「ん!?何か違うぞ?」
ちょっと違和感を感じながら新聞を取りに
階段を下りて上ってテーブルで朝食を食べようとしたら。。。
腰に激痛がっ!
「イテテテテテテテ?ッ!」
そのまま床に倒れ込んでしまいました。
「なんだこれ?!? 助けてくれ?! なんとかしてくれ?!」
とは言うものの、どうしようもありません。
どうしようもないのでそのまま這い蹲って再びベッドへ傾れ込んだのが最後、
そこから動くこともできず、
今日の大阪出張予定を急遽キャンセル。
HSコーチ夫人が勤める整形外科へ行き診てもらったところ、
筋肉性の腰痛とのことで“ギックリ”とはまた違うらしい。
30?40代に多く、体が硬くなってくると起きやすいとのこと。
普段怠けていたツケが廻ってきたようです。
特段、土日に何をやったわけでもなく、原因は分かりませんが、
昨日“ルーキーズ”の映画を観に行ったときに変な体制でいたのが祟ったのかな。。。
医者からは治ったらストレッチをやるようにと言われました。
ということで今日は家で大人しく。。。

昨日(日曜日)はその“ルーキーズ”を観に行きました。
雨の日曜日でどこのスポ少も休みだったのか、
映画館は野球小僧でごった返していました。
みんな考えることは同じですね(^^)
観ている最中は涙が溢れそうになりながら我慢の繰り返し。
昔はドラマや映画を観ても涙が出ることなど全くありませんでしたが、
最近は涙腺が弛んできた感じです(T_T)
これも腰痛と同じく年をとったと言うことでしょうか。。。

一昨日(土曜日)は年に一度の子供会対抗ソフトボール大会。
野球経験者が少ない我が子供会ですが、Say達の野球小僧の頑張りもあって
なんとか1勝することができました。
来年は優勝目指して頑張ろう!

私も体と相談しながら頑張ろう。。。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/22 21:24】 | 障害 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
あれ?!?
土曜日(13日)の練習試合で2試合目の3回からSayが登板しました。
マウンドに上がり規定の7球を投球練習していると、
ベンチから「あれ?!?おそ(遅)?っ!」とHSコーチの声。
「もっと腕を早く振れよー!」
“って言われても目一杯投げてんだけど。。。”
というSayの顔( ̄▽ ̄|||)

コーチは以前Sayが好投した時のような球をイメージしているらしく、
そのときに比べるかなり遅く感じている様子。
確かに今年2月のNKSG戦では球がビシビシ決まっていたとは感じましたが、
まだ(当時)4年生ということで1m短い15mからのマウンド。
また、4月の強豪IWMスポ少戦で好投した時はストライク先行で、
相手が打ちあぐんでいただけのような。。。
どうもSayを過剰評価し過ぎている気も。。。と思っていました。

しかし、日曜日の練習でコーチがSayを評価することに納得できる部分がありました。
(ちょっと親バカ入りました(^^;))
それは、5年生投手陣(Sayを含む)4人がピッチング練習をしていた時のこと。
ピッチャー出身のHZコーチが4人の投げる球を受け、
私は球審のように4人の投げる球をじっくり後ろから見ていました。
その中で一番球威がなく、コントロールが定まっていなかったのはやはりSay。
しかし、投げ込んでいくうちに今までとは明らかに違う
“ビシッ!”という球威のある球を投げてきました。
受けているHZコーチもすかさず「この球だよ!この球?っ!」
けど、次の球は今までと同じ球威のない球。
「こんな球いらねぇよ!」
そして、何球か投げたあとまた“ビシッ!”という球。
「この球だけを投げてこいよ!」
ここで初めて、“コーチ達はこの球のことを言っていたのか。。。”
と、私自身納得しました。
時々“ビシッ!”とくる球。
どうも好投した時はこの球を常に投げることができていたようです。
球威はエース君には到底及ばないものの、
この球でコントロールをつければある程度ピッチャーとして使えるかもしれません。
但し、一番の問題はその球威のある球をどうやって投げているのか
Say自身が分かってないこと。

HZコーチが言っていましたが、
「あの球を投げた時は若干横から腕がきてるね」
よく見てみると確かに今までより微妙に横から投げている感じに見えます。

ド素人親父の私にはSayが好投した時と
KSスポ少との練習試合でボコボコ打たれた時と何が違うのかよく分かりませんでした。
HSコーチから「これから投手としても使っていく」と言われた時は
Sayが本当にピッチャーとしてやっていけるのかと思いましたが、
いい球を持っていると踏んで、この球を活かせればという思いからの投手起用のようです。

Say本人はその球の投げ方(どうやって投げたか)が分かっていませんから
エース級に成り得るか、このまま4番手に留まるか、
はたまたマウンドから降ろされるかはSay次第です(^^)

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/16 22:28】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑
勝って反省
土曜日(13日)は予定通り練習試合が行われました。
相手はマクド杯に出場経験のある強豪KNF。
Sayの学年(今の5年生)同士で戦って負けはありませんが、
今年2月に練習試合を行った際は2ー1の辛勝。
さすが強豪、徐々に力をつけてきています。

1試合目は我がチーム後攻でSayは3番ショートで先発。
初回、相手チームを0点に抑えたあと、我がチームの攻撃、
エラーとパスボールなどで1点を先制し、0アウト三塁の場面でSay。
2ボールのあと、3球目を右中間真っ二つ!
三塁ランナーがホームインしSayは走って走って三塁打。
足が速ければランニングホームランだったような。。。
まあ、足が遅いのは元々なので。。。(^^;)
打球も若干詰まったような感じでしたが、
詰まりながらもライトとセンターの守備位置を越える当たりだったので“ヨシ”としましょう。
結局この回は打者一巡の猛攻で5点を奪う。
(猛攻とは言ってもヒットはSayの三塁打のみですが。。。)

2回は相手ピッチャー君も立ち直り我がチームは淡白な攻撃となり、
Sayもボール球を泳がされショートライナーで三者凡退。
このあと4回に2点を追加したところでSayはベンチへ。
チームは7ー1で勝利。

 敵 0010000=1
 自 500200X=7

しかし、スコア的には完勝に見えるもののヒットは僅か2本。
打てないながらも四死球や相手のミスをついて攻める部分はOKだと思いますが、
もう少し打って欲しいな。
相手のバッテリーミスがなければ試合展開が変わっていたかも知れませんし。



2試合目は我がチーム先攻でSayは5番ショートで先発。
初回、2アウト一三塁の場面でSay。
一球目に一塁ランナーが盗塁し二三塁としたあと、
二球目をレフト前に転がし1点先制。

3回の2打席目は0アウト三塁の場面で追加点のチャンス。
しかし、頭に当たるデッドボール。
はにかみ笑顔(打ちたかった?という顔)をしながら一塁へ。
盗塁後、Ayatoの三塁打でホームインし、その後も打線が繋がり一挙5点。

4回、0アウト一三塁のチャンスで再びSay。
3回同様に一塁ランナーが盗塁し二三塁として、
今度は打ってくれるか。。。
打球は“ポ?ン”とセカンド後方へ上がり、
ライトも追いつけずラッキーなポテンヒットで1点追加。
その後、今日2本目のAyatoのでかい一発(二塁打)でホームイン。

そして、3回からはSayがマウンドへ。
予定では4回からの登板でしたが、時間の関係で前倒し登板。
2イニングを投げて1安打無失点。最後のバッターをピッチャーフライに打ち取りゲームセット。

 自 1052=8
 敵 0000=0

この試合はちょっと変わった打順でしたが、意外に機能してタイムリーが多かったような感じでした。

2試合を通して、マクド杯出場経験のあるチームに対してはナイスゲームでしたが、
走塁にしろ打撃にしろ守備にしろ走攻守ともに改善点がいっぱいありました。
今後、勝ち進んで行くにはミスが命取りになります。
人が犯したミスを人ごとと思わず、
みんなで自覚して同じミスを繰り返さないように取り組んで欲しいと思います。


Sayの今回の成績はラッキーなヒットもあり、
5打席4打数3安打となり
今年成績がやっと4割越えしました。
Sayの目標である5割には程遠いですが、
自分の立てた目標ですから頑張って達成してもらいたいものです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/15 20:49】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
早く気付いて欲しい
昨日は仕事で帰りが遅く、今日は(帰休で)仕事が休みのため
一人でランチをしに行った以外は家で何もすることがなく家で“ボ?”っと過ごし、
久しぶりに昼寝なるものをしてしまいました(^^;)
寝てから1時間半(16時頃)くらいすると
玄関から「ただいま?!」とSayの声が聞こえたので“ムクッ”と起きて
「お帰り?」とひと声。
“ボケ?”っと眠い目を擦りながら「友達と遊ぶ約束してきたのか?」と聞くと
「してない」というので、久しぶりに二人で自主練をしにきました。

時間もないので大した内容はできませんでしたが、
 キャッチボール
 ゴロノック100本くらい
 ピッチング50球くらい
 約80mのダッシュ10本
を行い、暗くなってきたのでバッティングセンターへ行き7ゲーム(140球)。

ゴロノックはSayから見て左側の打球がなかなか捕れない。
捕れるか捕れないかのギリギリのところへ打つと
鈍くさいのかグローブ捌きが悪いのか打球は後ろへ転々と。。。
もう少し頑張れば捕れるようになるのですが。。。
あと、ライナー性の打球で少し手前でバウンドする早い打球への反応が悪い。
まだまだノックの数が足りないようですね(^^)

ピッチングではどうしても抜け球が多い。
Sayは右投げなのですが、右打者側へ行くボールが多い。
ボールを離す位置もバラバラなので
自分のフォームを固めなければなりません。

バッティングセンターでは軸がバラバラ。
ダッシュ10本やったあとだから? そんなの理由になりません。
当初は12ゲーム(ちょうど2000円分)やろうとしたのですが、
見るに堪えないフニャフニャバッティングで
だんだん腹が立ってきたので6ゲーム(1000円分)と
ライナー賞で貰った(1ゲーム)で終了。
家に帰って素振りを100本やって今日の自主練を終了しました。

今日の自主練を振り返ると守備、ピッチング、打撃全てにおいてダメ。
普段、(私の帰りが遅いので)私の見てないところでティーやらなにやら
やっているようですが、身を入れてやっていないということでしょう。
しっかりやっていればこんな状態にはならないはず。
しかし、これは本人が自覚しなければ改善できません。
いつ気付いてくれるのか。。。


明日はマクド杯出場経験のある強豪KNFとの練習試合。
今年2月の練習試合では2?1で辛勝していますが、
果たして良い報告ができるかどうか。。。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/12 23:18】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
チャレンジャー意識を持って
先週の話しになりますが、31日(日曜日)に6年生対5年生の紅白戦を行いました。
打順も守備もサインも全て子供達に任せ、コーチはバックネット裏で監視。
私達父兄は交代で球審と塁審を行いながら観戦。
私も初めて球審をやらせてもらいました(^^;)
紅白戦と言えど、ド素人オヤジなので球審の際はどうなるかと思いましたが
やってみると意外に楽しいですね。
ジャッジに困るような意外なプレーもなかったのでホッとしました(^^;)

試合の方はというと、5年生のピッチャーはSay。
キャプテンに「俺ピッチャーやりてぇ?!」と自ら先発を申し出たらしい。
5イニングを投げて2四球、2?3安打だったかな?
内容はイマイチでしたがキャッチャー君(盗塁阻止)にも助けられながら要所を抑えて無失点。
一方、攻撃の方は安打こそ少なかったものの、
盗塁やエンドラン、バントをしっかり決めて5年生が試合巧者ぶりを発揮し6得点。
最終回の6回に5年生エース君がマウンドに上がり1点を失ったものの、
結局6?1で5年生が完勝しました。

ここで、紅白試合とは関係ありませんが、今までの戦績を振り返ってみると、
昨年(4年生のとき)から今年にかけて、
Sayの年代(今の5年生)だけで行った戦績は23試合負けなし。
(ローカル大会2試合、練習試合21試合)
6年生との紅白試合も幾度となく行ってきましたが、負けたのは1回だけ。

しかし、一つ一つのプレーを見ているとこの5年生達、やるべきことが山積み。
Sayの四球連発で負けた屈辱のマクド杯予選、
そのあと行われた○○市大会は5年生のまずいプレーで負けています。
5年生チームで負けなしといってもたまたま勝っていただけで
たった23試合勝ち続けているだけ。
チャンピオンでも何でもありません。子供達にはそこのところを勘違いしないで欲しい。
自信を持つことは必要ですが、天狗になったり、相手を侮ったりしてはいけません。
常にチャレンジャーの意識を持って取り組み、臨んで欲しい。

Say達の本番まであと11ヶ月。1年を切りました。
やるべきことは意識改革。
まず、自分が取り組むべきことは。。。
一人一人が意識を持って前に進んで欲しいと思います。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/09 23:59】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
予選敗退
先日の土曜日(30日)にちびっ子大会が行われました。
県大会に進める今年最後の大きな大会。
後攻めで始まった我がチームのポジションを見てみると
いつものポジション(ショート)にSayの姿がない。
「あれっ? とうとう先発外されたか?」 と思ったら、
グランドを見渡してみても先発メンバーに5年生が一人もいない。
普段、5年生がレギュラーの半分以上を占める我がチーム。
親バカですが、当然今回も先発を予想していたので(^^;)ちょっと拍子抜け。
県大会に進める今年最後の大会ということで、
今回は全て6年生で戦うことになったらしい。
勝ち続けて県大会に行ければ今のチームのまま継続。
負ければ6年生は別練習(中学生に向けての練習)となり、事実上引退となります。
新旧交代を賭けた試合となりました。


そして、試合開始。
相手は今のレギュラーチームで一度も勝ったことのない○○○イーグルス。
我がチームの先発ピッチャーは?番君ではなく?番君。
?番君の球はチームで一番速いもののコントロールに難がある。
その予想が不幸にも当たってしまい、いきなりの2連続フォアボール。
エラーも重なり初回に2点を献上。

更に2回、再びフォアボールを出し、たまらずピッチャー交代。
球速はないもののコントロールが持ち味の左のエース?番君。
しかし、その持ち味を生かせず四球、エラーのあと
ドッカーン! と打たれて正に悪循環でこの回6失点。

3回からはマウンドに?番君。
しかし、またも四球連発。
なんとかこのピンチを切り抜けてくれ。。。その願いも届かず2失点。
0?10。万事休す。

ここでとうとう5年生バッテリーに交代。
今日は6年生の試合としてあげたかったが、
指揮を執るHSコーチもしびれを切らした感じでした。
その5年生バッテリーは後続を難なく打ち取りピンチを凌ぐ。

3回裏 我がチームの攻撃。
バッターは変わったばかりの5年生キャッチャー君。
ドッカーン! とライトオーバーを放ち二塁打。
しかし、後のバッターがランナーを進めることができない。
結局、最後のバッターが打ち取られゲームセット。
屈辱の3回コールド負け。

今年はレギュラーチームのメインの大会で全て予選敗退。
今回、Sayの出場機会はありませんでしたが、
ベンチで見ていてこの負け方に対してどう思ったか。。。
この悔しさをバネに来年に向けて頑張ってもらいたいです。

今後はSay達5年生がメインとなって活動して行くことになります。
来年への戦いが始まりました。
まずは8月の新人戦(5年生大会)に向けて
一人一人の意識をしっかり持ってレベルアップを図ってもらいたいです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2009/06/05 23:59】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。