スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2010年を振り返って
2010年もとうとう大みそかになってしまいました。
今年は6年生ということもあり、様々なことを体験し、
たくさんの良い思い出、苦い思い出を記憶に残すことができました。

1月2日
  おかあの実家近くの○山公園で自主練の際、
  ノック中に右手中指を突き指。
  学童最後の年、いち早く始動するはずが
  もどかしい日々を過ごすことになりました。

1月?2月
  2ヶ月は砂浜ダッシュ。
  県内の高校や大学陸上部、隣県からも集まってくる有名どころで
  冬場の走り込み。
  これがあったからこそ今年の猛暑を乗り切れたのかもしれません。

2月10日
  今年初の練習試合。
  先日の最終戦でも戦った宿敵○○ファイターズ。
  初戦でまさかの敗戦。
  このイメージが強く残り、苦手意識を持ってしまいました。

2月27日
  だいぶ遅れた厄払い(初詣)。
  今年は正月から私の仕事が忙しく、なかなか行けませんでしたが、
  毎年恒例の参拝?ご当地ラーメン?バッティングセンター?運動公園で
  自主練を行いました。

3月13日
  今年初の大会。
  ローカル大会(ロータリー方式)ですが、
  同地区に所属するライバルNKSGYスポ少とも対戦することができ
  7?1で快勝したことでいいスタートが切れました。

3月21日
  先週に続き、ローカル大会(ロータリー方式)。
  この日はSayの大活躍で総合優勝。
  MVPを頂きました(^^)v

4月25日
  目標としている県大会の一つ、地元企業が主催する大会の県大会代表決定戦を行い、
  見事県大会への切符を手にしました。。

5月1日?2日
  学童野球最大のメインイベント。
  マクド杯地区予選が行われました。
  決勝(代表決定戦)は特別延長にもつれ込むしびれた試合でしたが、
  なんとか勝ち抜き2つ目の県大会への切符を手にしました。

5月3日?5日
  NK市大会。(トーナメント大会)
  連日の試合で疲れがたまって動きが鈍い子供たちでしたが、
  最終日まで勝ち進みました。
  準決勝で敗れはしましたが、3位というトーナメント大会初の表彰状でした。
  但し、優勝を目指していた子供たちに笑顔がなく、
  悔しさいっぱいだったのが印象的でした。
  5日間で9試合。頑張りました。

5月29日?6月5日
  ちびっ子県大会予選。
  危なげなく勝ち進み3つ目の県大会への切符を手にしました。
  これで最低目標としていた県大会への切符を全てものにしました。

6月20日?26日
  いよいよメインイベント。
  マクドナルドトーナメント県大会。
  1、2回戦とも苦しみながら勝ち進み、準々決勝へ駒を進めました。
  準々決勝では勝てる試合を落とした感じでみんなガックリしていましたが、
  ここまで進めたのはお見事。
  良く頑張りました。

7月21日?23日
  私の後輩の息子(コウシロウ)が大阪から遊びに来ました。
  何も知らない土地、誰も知らない家。
  見知らぬところへ武者修行。
  Sayと初対面で会った当初は二人ともモジモジでしたが、同学年同士。
  すぐ仲良くなり、楽しんでくれたようです。

7月31日?8月1日
  2つ目の県大会であるNH杯。
  準々決勝ではマクド杯県代表の○○○○○ジャイアンツを撃破。
  素晴らしい試合でした。
  準決勝で敗れたものの、県大会3位という素晴らしい成績を残せました。

8月9日?11日
  今度はSayがコウシロウに会いに大阪へ。
  新幹線一人旅、たこ焼きパーティ、甲子園で高校野球観戦、本場串カツなど
  いろんなことを初体験してきました。
  また、コウシロウと会える日がこれればと思います。

8月21日
  3つ目の県大会であるちびっ子大会。
  NH杯で敗れた○○レッズへのリベンジといきたいところでしたが
  投打がかみ合わず2回戦敗退となりました。

8月28日?9月12日
  ナイター大会。
  準決勝、決勝は厳しい試合でしたが、
  宿敵○○ファイターズを破りトーナメント大会で初優勝。
  SayもMVPを獲得しました。

9月13日
  疲労からか、ナイター大会の翌日に肩痛が。。。
  病院や紹介いただいた治療院(隣県)に通い
  なんとか回復していると思います。
  今でも不安はありますが、様子を見ながら投げさせたいと思います。

10月23日?11月14日
  ○○市近隣学童野球大会。
  Sayの肩痛も良くなり、なんとかこの大会に間に合いました。
  みんながベストの状態で臨むことができ
  トーナメント大会2つ目の栄冠を手にすることができました。

11月12日
  12回目の誕生日。
  今年はランニングシューズ。
  いっぱい走り込んで足腰を鍛えてもらいたいと思います。

11月20日?27日
  ○○新聞杯。
  この大会も優勝を目指して挑みました。
  が、○○市近隣学童野球大会で気が抜けたのか、
  子供たちの覇気が感じられず、準決勝敗退。

12月11日
  学童野球最後の大会でもあるJBCカップ。
  当然ながら憂愁の美を飾りたいところでしたが、
  なんと1回戦コールド負け。
  今まで1回戦敗退は経験したことがなく、コールド負けも初めて。
  でしたが、今まで苦しい練習、大会を戦い抜いてきた子供達。
  なぜか負けた後もサッパリしていました。

12月25日
  親子対決。
  初対決は私に軍配が上がりました。
  勝てなくなる時が淋しい限りです。。。

今年はここには書ききれないたくさんのことがありました。
Say自身も経験し、私も楽しませてもらいました。
いろんな意味で良く頑張ったと思います。

2011年は卒団、卒業とお別れの年でもありますが、
入学式、入部と出会いの年でもあります。
いろんな人と別れを惜しみながらも、
出会いを大切にしてほしいと思います。

皆様もよい年をお迎えください。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2010/12/31 09:44】 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
親子対決
年末が押し迫っておりますが、先週25日(土)のクリスマスは学童野球最後の練習納めでした。
この日は6年生父兄(私達)を交えて紅白試合。
子供と父兄(6年コーチ含む)混合チームで
親子別のチームに分かれ熱戦が繰り広げられました。

親子別なのでSayは当然相手チーム。ショートで先発。
私は草野球のポジションでもあるキャッチャーでプレーしました。
初回、1アウト満塁の場面で打順が私に廻ってきて、
緩い球を引っ掛けてサードゴロ。
なんと、最悪の5ー2ー3のダブルプレー。
自チームからはブーイングが。。。(T_T)

次の打席ではSayがマウンドに上がり親子対決。
初めてのSayとの真剣勝負。
ここは父親としても負けられません。
初球はアウトコースいっぱいのストライク。
思ったより球が速く手が出ませんでしたが、
2球目の内角低めを上手くすくい上げレフトオーバー。
大人気ないながらも愚息から三塁打を放ち
初対決は親に軍配が上がりました(^^)v

この回、ホームは踏めませんでしたが、
その後、自チームの打線がつながり、私も試合を決定付けるタイムリーを放ち、
6?1で勝利(^^)v

Sayはピッチャーとしては私の三塁打のみに抑えたものの、
打撃の方はさっぱり。
ノーヒットに終わりました。
最近バッティングに苦戦しているようです。
もがいて自分のバッティングを見出し欲しいです。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2010/12/30 23:19】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夢への一歩
しばらく経ってしまいましたが、
12月11日に学童野球最終戦となるJB○カップが行われました。
最終戦となるため優勝を目指し、気合いを入れて臨んだ大会でしたが、
結果として空回りの試合になってしまいました。

1回戦の相手は宿敵○○ファイターズ。
公式戦では2連勝していますが、今年初めの練習試合で負けており
あまり良いイメージがなく、戦い辛い相手。

我がチーム先攻でSayは1番ショートで先発。
その1番バッターが今年6個目となる三振。
三者凡退で終わったその裏に2ランホームランを打たれ先制される。
2回表に相手のエラーで1点を返すも、
1アウト一三塁で9番バッターが三振。
1番バッターのSayがサードゴロで1点止まり。

そして3回裏に悪夢が。。。
ヒットとフォアボールなどで2アウト満塁とされ、絶対断ち切りたい場面。
若干当たりの強いショートゴロ。
誰もがチェンジと思ったところが、
迷いがあったか、まさかの落球。
慌ててボールを手に持ってファーストへ送球したが、
これがなんと掴み損ねてとんでもない方向に投げてしまい、
二塁ランナーにもホームを踏まれ万事休す。
ピッチャー君も緊張の糸が切れたか、4回を終わって1?7。

5回はSayがマウンドへ。
肩痛以来久しぶりのマウンドで制球が定まらず、
四球、三振、四球、三振、四球と独り相撲で2アウト満塁。
あと1点取られたらコールド負けという状況でハラハラドキドキでしたが、
最後はなんとかショートゴロに打ち取りスリーアウト。

我がチームは2回以降0行進。
時間切れも近い。
そんな中、6回裏3人目のピッチャー君が打たれ1アウト二三塁。
1人敬遠して満塁策をとって、バックホーム体制。
しかし、無情にも次のバッターに綺麗に左中間に弾き返され、
この瞬間にSay達の学童野球が終わりました。

最後の最後で、今まで経験したことのない1回戦敗退。
しかもコールド負けという屈辱。
Say自身も痛恨のエラーで相手に流れを与えてしまった。
今まで守備でチーム救ったこともあったけど、
最後の最後でやってしまいました(^^;)

けど、最後は綺麗に打たれて負けたので
何のわだかまりもなく終わった感じです。
負ける時はこんなもんなんでしょうね。

また、内容としてはSayにとって次(中学生)に繋がるものだったと思います。
今回のエラーはSayの悪い癖である中途半端な(足が出ない)守備によるもの。
あんなエラーは二度として欲しくないし、本人も絶対したくないと思ったでしょう。
これからいろんな経験をしていくと思いますが、
絶対に忘れてはいけないことの一つ。
学童野球の終わりにやっと成長の一歩を踏み出せたのかもしれません(^^;)

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2010/12/24 00:30】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。