スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ありがとう
20日(日)、6年間お世話になったチームを晴れて卒団しました。
私達にとってはすごくいいチームだったので別れるのがホント辛かったです。

我がチームの卒団イベントは、
午前中に子供達vsコーチ&父兄で親善試合を行い、
午後に式典を行うのか慣例。
午前中はナイスプレーやエラーがでるなど楽しさいっぱいのゲームでしたが、
式典会場に入ると今まで勝ち取ったトロフィーや賞状、卒団生への贈り物が飾られており、
しみじみとした雰囲気が漂い、それらを見ているだけで涙が込み上げきてしまいました。
卒団式1卒団式2卒団式3

式典は団長の祝辞から始まり、一番お世話になったHSコーチの送辞。
そして、子供達の答辞。
我がチームでは全員が答辞を読みます。
それぞれが思うことを書いてきて背番号順に一人ずつ読んでいきます。
徐々に泣く子もいれば、読み始めから泣きじゃくって読み切れない子もいました。
普段、試合に勝っても負けても涙を流したことのないSayも
この日ばかりは涙声で答辞を読んでいました。
さすがにみんなとの別れは辛かったのでしょう。
コーチの送辞や子供達の答辞の際は6年生父兄だけでなく、
参列している5年生父兄からもすすり声が聞こえてきました。
私は前日に6年生&その父兄だけで行われたお別れ会の会食(飲み会)
席上で感極まり既に涙を流していたので、
式典では目に涙を溜めながらもなんとかこらえることができました(^^;)
このあと、5年生から贈呈品を受け取り、記念撮影をして閉式。

ここからおまけが一つ。
1ヶ月前にHSコーチから頼まれて作った、今まで撮ってきた写真のスライド上映。
私の力作です(^^)v
3年生の頃からみんなを撮り続け数千枚ある写真を厳選し、250枚くらいまで絞り込み、
ムービーメーカーで音楽を加えながら製作。

ビュッ!
カキーン!
ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!ダッ!
ザザーッ!
巨人の星のオープニングテーマに合わせて写真を切り替え、
嵐の曲、映画「メジャー」のエンディングテーマ、
いきものがかりの「ありがとう」の4曲に合わせて構成しました。

製作当初はどういう構成でいこうか、どの写真を使おうか、
ムービーメーカーはどうやって使うのか、
あるいは、途中まで作ったところで再生中にエスケープを押したら
突然画面が消えファイルが壊れて最初から作り直したり、
作ってる途中で試しに再生していると自分でウルウルきたりと、
作る上でもいろんなことがありましたが、なんとか卒団式までに間に合いました(^^;)
ここでお見せできないのが残念ですが、
「えっ!?Rossyさんてプロ?」なんてお世辞を言われるぐらい
周りからの評判も上々で、苦労して作った甲斐がありました(^^)

さて、これからは学童野球から中学野球へと変わります。
今までとは違った厳しさも経験することでしょう。
Sayは野球部に入ることを決断しています。
自分の芯をしっかり持って野球に取り組みながらも、
どんな時も野球の楽しさは忘れずにいつまでも続けて欲しいです。

6年間お疲れさま。そして、ありがとう!
これからの長い野球人生も今まで以上に楽しもう!
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2011/02/25 00:12】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
軟式か硬式か
シニア(硬式)か野球部(軟式)か悩みどころ。
Say自身も悩んでいたと思います。

当初は何も考えず野球部(軟式)に入ると言っていたSay。
ところが、意識を高めるために見学に連れて行ったTシニアで体験練習させてもらったことで
気持ちが180°変わり、一転してTシニアに入りたいと言い出したSay。
シニア(硬式)に入りたいのであれば他のチームも見て決めた方が良いと思ったので
Tシニアを含め計4つのチームで体験しました。

その中で本人が入りたいチームは、やはり一番最初に体験したTシニア。
しかし、このチームはおかあの実家近くにあり、自宅からは一番遠く、夏休みや春休みなど学校の休日も毎日練習。
遠い上に毎日練習で帰りが遅くなるため、勉強との両立を考えて却下。
2つ目に行ったKシニアは私もSayも印象がイマイチ。
3つ目のM東シニアはSay本人はまあまあの印象でしたが、
私からみるとテキパキとした雰囲気がなく、この程度の練習内容であれば、
わざわざ自宅から離れたシニアに入れるメリットなし。
4つ目のMシニアはスポ少仲間のMasakiが既に入団を決意しているチーム。
Say本人の印象は悪くなかったものの、気持ち的にはやはりTシニアがいいらしい。
私としては雰囲気や練習内容をみるとMシニアが一番良いと感じましたが。。。
但し、ここも通うのに1時間程度かかる。

さて。。。
いろいろと考えてSayと話した結果。。。
野球部(軟式)に決めました。
通う中学の野球部は悪くなく、同じ中学に上がる地元のスポ少メンバーもなかなかのメンバーが揃っており、
野球のレベルや顧問の先生をみると、むしろいいチームになる雰囲気を感じます。

いろいろことを考えた結果ですが、どうなるかは本人次第。
ということで、野球部に入る際にしても条件をつけました。
中学生に上がるまでの2ヶ月間、自分でしっかり考え、
自主的に行動して本気で野球部に入りたいという行動が見えたら入っても良いという条件をつけました。
中途半端にやって欲しくないし、やるなら目的を持ってしっかりやって欲しいと思っています。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2011/02/15 12:31】 | 少年野球 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。