スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
日本人最年少契約
今日、16歳の島袋涼平選手が日本人最年少で大リーグ球団と契約しました。
野球を本格的に始めたのは小学6年生のときだそうです。
しかも、野球を始めて2、3年でプロと契約できるのですから、
スゴイ!
の一言です。

こういう人たちは小さい頃どういうことをしてきたのでしょう。
体格(185センチ93キロ)にも恵まれていますし、
何か突出した力があるのだと思いますが、その突出した力はどのように培われて
きたのかとても興味深いです。

やはり、生まれ持った
"才能"だけで片付けられてしまうものなのでしょうか。

"才能"
これにはいつも考えさせられます。
才能(天性)とは本当に存在するのでしょうか。

私は、能力というものは自分の心に大きく左右されるものだと思っています。
「私には"才能"がないから」などと言う人もいますが、
それは自分のその能力を最初から放棄しているのと同じです。
そのようなことを言う人限って、何もやってない人が多いと感じます。

今のSayは能力の活かし方など考えたことなどないでしょう。
ただこれから先、自分の夢を叶えるためには自分で考えていくようにならなければ
なりません。
上手くなるためにはどうすればいいのか。
まだ小さいですが、私が手助けをしながら自分で考えられるような意識付けができればと
思っています。
今日のトレーニング
 私が帰ってきたときは既に夢の中だったので、何をやったか分かりませんが、
 おそらく、ストレッチと目の運動だけでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

【2006/07/03 23:59】 | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<プレッシャー | ホーム | 草野球チームで練習>>
コメント
才能ですか・・・。
自分も野球に関してはいろいろな人と出会い、今も
色々な生徒と触れ合っています。 その中で、体格、運動的センス
には天性のものは確実に存在すると思います。器で例えるなら
その人が生まれ持ったバケツの大きさとでも例えられましょうか。
その中に水を入れる努力と精神力は育ってきた環境によって
決まると思いますし、大きくなってからも変えられる可能性が
大きいと思います。

プロになれる選手は器がものすごく大きくて、
それほど努力しなくてもプロになれてしまう選手もいますし、
器は人並みでも努力でカバーしてプロになる人もいます。

しかしイチローなどの超一流選手はバケツの容量も、水の
入れ方も半端ではないことは確かだと思います。

私の兄弟で言えば、野球のセンス(バケツの容量)に
関しては、私は弟に大きく劣りますが、私が弟に勝っている
筋力や瞬発力などは、あとから私がつけたものです。
ですからボールのスピードでは上回っても打撃では彼には
勝てないのです・・・。これがセンスというものですね。
何せ小4くらいからBCの140キロをバンバンジャストミートして
いましたからね・・・。


【2006/07/04 01:39】 URL | Shun #-[ 編集] | page top↑
Shunさん夜遅いにもかかわらずコメントありがとうございます
器の大きさ。
確かにそれが才能と言うべきものなのかもしれません。
器が大きいとたくさん入れる(吸収する)ことができますし、
(心にも)余裕がでてくると思います。

器(バケツ)に入っている水の量が技術力。
あとどのくらい入るかが心の余裕と考えられますね。

器が小さければ、大きい人と同じ量の水が入っていても
余裕がない=力を発揮しにくい。
器が大きければ、余裕がでる=力を発揮しやすい。

水を入れる前に器を用意しないといけませんね。(^^)
【2006/07/04 18:42】 URL | csrk #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://csrk.blog66.fc2.com/tb.php/37-22c90764
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。